食道裂肛ヘルニアの治療

食道裂孔ヘルニアとは胃の一部がこの横隔膜を通して食道の方にとびだしている状態をいう。通常は胃の内容物が食道の方へ逆流することはないが、食道裂孔ヘルニアでは逆流性食道炎の症状が現れる。

メニュー| 食道裂肛ヘルニアの治療 |

食道裂肛ヘルニアの治療



食道裂肛ヘルニアの治療


>>>食道裂肛ヘルニア関連ブックはこちら<<<


人の体の中で、おなかと胸とを分けているドーム状の膜を横隔膜というが、食道裂孔ヘルニアとは胃の一部がこの横隔膜を通して食道の方にとびだしている状態をいう。通常はこの横隔膜の括約筋の作用で胃の内容物が食道の方へ逆流することはないが、食道裂孔ヘルニアではこれが障害されるため、ゲップや胸焼け、胸の不快感など、いわゆる逆流性食道炎の症状が現れる。この食道裂孔ヘルニアやその結果としておこる逆流性食道炎も、現代の高齢化社会を反映して注目されるようになった。その理由は、この病気が高齢者に多いためというだけでなく、胸の不快感や息苦しさ、さらには胸の痛みなどが狭心症とまぎらわしい症状であるからである。


食道裂孔ヘルニアの治療は、通常バリウムによる透視や胃の内視鏡検査によって容易に診断される。胃の一部が食道裂孔というくびれよりはみ出しているのが観察される。食道の粘膜にビランなどの炎症を伴っていることもあるが、検査の際はやはり癌の合併がないか、注意深く観察する。また、食道裂孔ヘルニアにはいくつかのタイプがあるので、検査でそれを確認することが治療上必要になるのである。


治療では、ほとんどの場合、胃酸を抑える薬や胃の粘膜を保護する薬、あるいは胃や食道の運動を促進する薬が有効である。手術は重症の場合にしか行われない。食後、食道への逆流を予防するために、食後は座ったまましばらくゆっくりしていること。また症状がひどい時には、夜上半身をやや高くして睡眠をとることを勧めたりする。


>>>食道裂肛ヘルニア関連ブックはこちら<<<



[PR]育毛 髪再生 HSBC香港 BOOM証券 口座開設 中国工商銀行 口座開設 サポート