レーシックの危険性

レーシックは1995年にアメリカのFDAの認可を取得し、日本では2000年に日本の厚生省もレーシックを使用した屈折矯正手術の認可を出しています。

メニュー| レーシックの危険性 |

レーシックの危険性



レーシックの危険性


>>>レーシック手術についてもっと知りたい方はこちら<<<


無痛で高い視力回復効果が得られるということで、人気が高まっているレーシック


しかしレーシックの危険性はどうなのでしょうか?


もちろんどんな手術であれ、体にメスを入れる以上100%安全とは言い切れません。しかしレーシックの手術に使用されるエキシマレーザーとは波長193ナノメーター(ナノメーターは1メーターの10億分の1)の非常に精密なレーザー光線で、この光線によって角膜をその周辺にほとんど障害を与えることなく、正確かつ安全に切除できます。


また、レーシックは1995年10月にアメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の認可を取得し、日本では2000年1月に、日本の厚生省もレーシックつまりレーザーを使用した屈折矯正手術の認可を出しています。現在ではアメリカで年間200万件以上、日本でも2万5千人以上が受けています。危険性がある手術が認可を受けて、ココまで普及することは難しいという逆説的な見地からも、現時点でレーシックは安全であると判断してよいのではないでしょうか?


日本でのレーシックの認知度はまだアメリカには及びませんが、手術の技術や機器の最新度はほぼ同等の水準に達していると言われており、今後日本でも年間に数十万人単位の人が手術を受けると考えられています。今後レーシックがメガネ、コンタクトレンズに続く第3の視力矯正方法としての地位を確立するのも時間の問題のようです。


>>>レーシック手術についてもっと知りたい方はこちら<<<



[PR]東京 不用品回収 見積り 今日 泊まれる ホテル 引越し 費用 安くする データファイル 復元ソフト アスクルパンフレット 申込み バンタン ネイル 資料請求 BOOM証券 マニュアル